茂木誠著『経済は世界史から学べ!』 感想・学び

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんこんにちは、かずたかです!

先日、茂木誠さんの著作『経済は世界史から学べ!』を読みました。

平成25(2013)年に出版された本で、時事ネタは少し
古いですが、歴史的事実のとらえ方やほかの事件との関連性
など思考力を磨くうえで役立ちます。

歴史の教科書のような、事件と年号、人物名の羅列ではなく、
事実を経済的視点から切り込んでいるため、物語として面白く
つい「ヘぇ~そうなんだ!」とつぶやくほど勉強になりました。

いくつか気づきを得たので私の視点を入れつつ共有します。

1.物事には法則がある

ローマ帝国は軍事費と公共事業費で国庫を浪費した。
財政再建のため増税が行われたがその結果、
商工業の衰退さらに軍隊の弱小化により
ゲルマン民族の侵入を許すことになった。

漢や唐など歴代中国王朝も同じように、
庶民に重税を課し専売制を推し進めることで
庶民の反感を買い、暴動や軍の離反で王朝が倒された。

著者は以上のように、公共事業を行ったことにより
国力が衰えた例をいくつか紹介しています。

いつの時代、どこの国でも同じことを繰り返す。

1つの事柄が発生すれば、結末は同じになります。
(多額の出費を増税で賄おうとした結果、国が乱れて滅ぶ)

唐突ですが、ビジネスも同じだなと感じました。

自分より稼ぎ目標とすべき先駆者の教えを守り、
愚直に実践してこそ成果につながります。

私はビジネス(物品販売)を始めて2月目に20万円の利益をだしましたが、それも偶然や才能ではなく〈物事の法則〉に沿って行動した結果であると考えています。

すでに稼いでいるビジネス仲間や
講師の教えの通り、道を辿っただけ。

・帝国滅亡の法則
財政赤字→民衆生活圧迫→反乱→国の衰退、滅亡

・ビジネス成功の法則
成功者の意見を素直に聞く→型通り行動する→成果が出る

一見まったく関係なさそうなことでも、
物事を抽象化して考えることで
類似点がみえてきます。

物事には〈法則〉があるため、順路に沿って
進めば行きつく先は天国にも地獄にもなる。

もちろん、今私が取り組んでいる
ネットビジネスにも〈法則〉があります。

成果を出すことで、型を外さなければ
〈法則〉の通りになることを証明します。

2.生み出す発想が大事

大航海時代のスペインは、アメリカから
産出される銀により国を潤わせており、
銀が枯渇するや没落していきました。

これを反面教師にイギリスや
フランスは毛織物など産業の育成
輸出により国富を増大させました。

著者によると、この頃から国家財政の
バランスシートが重視されるようになり
経済学という学問が生まれたとのこと。

一方、私は前者と後者の比較により
とある構図に気づきました。

スペインはアメリカからの収入が途絶えて衰退し、
イギリス・フランスは自ら収入をつくることで興隆した。

これって、現在危惧される会社員の状況と似ていませんか?

会社員は会社をクビになり収入が途絶えれば困窮するが、
自分で稼ぐ力があれば、いくらでも収入はつくりだせる。

昔は大企業に入社できれば一生安泰の時代でしたが今は違います。
企業は社員の面倒を一生みる体力は無くなっています。

働き方改革により残業の縮小が叫ばれるのも
労働状況の改善が目的にある一方で
雇用者に余分に支払うお金がないともとれます。

実際に、誰でも名前を聞いたことがある有名銀行や
大手IT企業が数千人規模でリストラを敢行しています。

「終身雇用を前提に企業運営、事業活動を考えることには限界がきている。」

経団連会長が昨年語った言葉が、現実になってきているのです。

そこで、私は今を生きる人々が豊かに毎日を送るため
イギリスやフランスを模倣すべきだと考えてます。

会社に依存しない生き方を模索するということです。
具体的に言えば、

副業をして収入元をふやしましょう

ということ。

副業でも自分の時間を切り売りしてお金を稼ぐ
やり方ではなく、将来自分のためになるもの、
不労所得にになるもの
がいいでしょう。

私は物販で月に20万円稼いだとお話ししましたが、
敢えて、ネットビジネスをお勧めします。

何故かというと、物販は短期的に誰でも稼げますが
結局のところ、自分の時間を切り売りする労働収入
だからです。

それよりは、ネットビジネスでブログを書いて
資産を築くほうが将来のためになると思います。

仮に自分が働けなくなっても、自分が積み上げた
資産が自動的に収益を生んでくれる環境が整って
いれば安心です。

しかも、費用が月々千円程度で済みますし
不良在庫を抱えることもありません。

最悪でも、ブログが読まれない程度ですので
非常にリスクが少ないです。

実際に私は〈資産性〉〈リスクの少なさ〉に
惹かれてネットビジネスを始めました。

別に会社員を辞める必要もありませんし、
嫌なら辞めればいいだけです。

1日1時間でもビジネスに時間を投資して
笑顔あふれる未来を私とともに掴みましょう!

まとめ

今回、本書で学んだことは

  • 物事には法則がある
  • 生み出す発想が大事

ということです。


本来の歴史本としての
読み方ではないけれど(笑)

どちらも生きる上で大事な考え方です。

先人たちの経験を踏まえて現在の生活に
どう活かすかまで考えてこそ、歴史を学ぶ
意味があると思います。

歴史が好きな人はもちろん
興味がない人・苦手意識がある人も
楽しく読める良書です。

ぜひ、読んで未知の知識に
驚かされながら、思考力も
磨いてください。



ABOUTこの記事をかいた人

かずたかです。 埼玉県在住の25歳。 現在は国家公務員として働く傍ら、夢をつかむため脱サラ起業を念頭に日々奮闘中! 物品販売2か月目に月20万円の利益を達成。 このブログの理念は「私と皆さんが夢を叶えるため成長すること」 そのために、公務員ならではの堅実な姿勢でコツコツ学んできた、効率よくお金を稼ぐ方法・成功するための思考法について発信します。