仮メンタリストえる著『イケメンはモテない』感想・気づき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さん、こんにちは!
かずたかです。

先日、仮メンタリストえるさんの
『イケメンはモテない』を読みました。

仮メンタリストえる著『イケメンはモテない』https://www.amazon.co.jp/dp/B07ZGBLVDM/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1

こちらは、恋人をつくるための出会いから
告白までにするべき行動が列挙されている
心理テクニック本です。

一方、恋愛に限らず自分の望む人間関係を
構築することにも応用可能なテクニック集
でもあります。

私が特に印象に残り、他の場面でも活用
できると感じたテクニックを中心に紹介
していきます。

異性との出会い

まず、出会いを求めて懇親会に参加
するときに、何に気を付けるべきか
思いつきますか?

・身だしなみを整える
・笑顔を絶やさない
・自ら自己開示をする

このような点が思いついたのでは
ないでしょうか?

全て正解です!

著者はこれらの動作をする必要性を
以下のようにに語っています。

・第一印象は6カ月変わらない。

初対面の人の印象は開始7秒で決まり
6カ月間変わることがない。

つまり、こちらが気になる相手を
見つけても、向こうからの印象が
悪いと恋には発展しないということ。

これは恋愛に限った話ではありません。
初対面の取引相手に悪印象をもたれて
しまえば、その後の商談の可否にも
影響を及ぼしかねません。

だからこそ、
汚れた服や靴を身に着けない
髪を整え詰めを短く切るなど
相手への敬意を払うことが大事です。

そして、口角をあげて目を開く。
感情は人に伝播するそうです。

人が笑顔なら自分も笑顔に
人が涙すれば自分も悲しくなる
法則があるそうです。

「笑顔をつくるくらい簡単だ!」

と思われるでしょう。

私もそう思って鏡で確認してみたところ、
口角があがりきらず薄ら笑いをしている
気持ち悪い自分が写っていました(笑)

自分ではできているつもりでも、
案外できていないこともあります。

主観を捨てて客観的に行動できているか
一度確認する必要がありそうです。


LINEの使い方

日常的に〈LINE〉アプリを使って
連絡をとっている方は多いでしょう。

「今更LINEの使い方なんて…」

と思われるでしょう。
私も思いました(笑)

しかし、本書で紹介されるテクニックを
全く使っていない自分に気が付きました。

具体的には、

相手の絵文字やスタンプ、返信速度に
合わせるということです。

相手の癖に合わせて、文の構成を考え
送信することで共感性を得ることが
できるといいます。

また、相手から1時間半後に返信が来たら
こちらは1時間後に連絡する。

相手の返信速度より少し早いくらいの返信
を心がけることで、徐々に自分のペースに
巻き込むことができます。

残念ながら、私は自分が気づいた
タイミングで返信していました。

相手の状態に合わせて行動すること、
相手を思いやる気持ちを持つことが
重要であると思われます。

考えれば当然で、自分の気持ちばかり
優先して行動してくる人とはあまり
仲良くしたいとは思えませんよね。

また、この章で特に印象に残ったことは

ピグマリオン効果の活用です。

人は他者から期待された行動をとろうと
努力をすることを指します。

「楽しそうに話してくれてありがとう。」

こちらが相手の感情を提示することで
あたかもそうであったかのように
心理誘導することが可能になります。

「いつもキレイにお使いいただきありがとうございます。」

これも、ピグマリオン効果を用いた例です。

相手の感情をうまく誘導することにつかうことが
できると思います。

食事中に仲を深める

食事中に「じゃあ、またごはん誘うね!」

この状況に心理テクニックが潜んでいる
のですが、おわかりでしょうか?

そう、食事中は争いごとを避ける傾向があり
交渉がまとまり易いということです。


また、連合の原理 があります。

食事中に感じる快感を、共に食事する
相手との会話によってもたらされたもの
と錯覚する原理です。

人と話をするときはランチに出かけたり
するものですが、潜在的に食事の場で
語ることを求める結果なのかもしれません。

まとめ

初めに紹介した通り、本書は恋愛だけに
限らず様々な場面で応用可能です。

そして、著者が初めに話す通り
どんな人と出会っても


「特別な存在になる」

ことが必要です。

今回の記事を契機に、本書を購入し
知識を取り入れる。

機会を見つけては実践することで
人間関係の構築等に活かして
いただきたいと思います。

ご精読ありがとうございました。


ABOUTこの記事をかいた人

かずたかです。 埼玉県在住の25歳。 現在は国家公務員として働く傍ら、夢をつかむため脱サラ起業を念頭に日々奮闘中! 物品販売2か月目に月20万円の利益を達成。 このブログの理念は「私と皆さんが夢を叶えるため成長すること」 そのために、公務員ならではの堅実な姿勢でコツコツ学んできた、効率よくお金を稼ぐ方法・成功するための思考法について発信します。