私がネットワークビジネスに深入りしなかったわけ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

皆さん、こんにちは!

かずたかです。

 

今回は、私が過去にネットワークビジネスの勧誘を受けた話をしていきます。

 

ビジネスに興味はあったのですが、結局始めることはありませんでした。

それは、何故なのか?何に魅力を感じなかったのか?

物語形式でお話しします。

―かずたかの物語開幕-

 

 出会いと疑い

始まりは当時熱心に取り組んでいた物販ビジネスの懇親会だった。

隣の席の人と意気投合し、

「面白いビジネスの話があるのだけど、話をきいてみない?」

ということで、「話をきくだけならいいか」と何の疑いも持たずに、後日会うことになった。(この勧誘者を以後Aとする)

 

当日、

「稼いでいる人から話をききましょう!」

とのことで実際にその人と会って話を聞いた。

身なりは綺麗で芯が強そうな人という印象を受けた(今考えれば、芯が強くない人はネットワークで活動できない)

ただ、私の現状をきいて何を目指すかという目標の話ばかりで、具体的なビジネスの話は何もでなかった。(この指導者を以後Bとする)

 

その後も、会社の守護神のような存在の講演会に参加して話をきいたが、いよいよ何をするのかさっぱりわからない。

ビジネスマインドを教えてくれるのは結構なことだが、結局どう稼ぐのかきいてもAは口を濁して詳細を語らない。

(はっきり言えない時点で怪しすぎだが、この時は深く考えなかった)

衝撃を受けたのは次の説明会だった。

「うちは商品が素晴らしいから、友人に体験してもらえば自ずと買ってもらえる。」

「うちはA○wayとは違う。A○wayのようにゴミ商品売らない。ネットワークじゃない。」

とA○wayをこき下ろしていた。

その時は「そうなんだ」くらいの感想しかなかったが、

有名なネットワークビジネス会社を批判しまくる時点で、自分のモデルもそれに近いと宣伝しているようなものじゃねーか!

と今は感じている。当時は知識が無さすぎて何も思わなかったのだ。

 

私の夢は〈時間やお金に縛られずに自由に生きる〉ことである。

それをAに伝え、共感してもらっていた。

しかし、再度Bに話をきいたときにこのビジネスへの疑問が噴出した。

「取り敢えず、今の会社は副業しにくいから転職して他の会社に入って。」

いや、正直「は?」という感じ。何で会社辞めなきゃならないん。やるなら今すぐやらせろよ。

「私は今の会社のまま副業でやるか、退職してビジネスに集中したいんですけど…」

とおずおず言ってみると、

「みんな、会社の後に頑張ってビジネスしてるんだよ!何甘いこと言ってるの!」

とのこと。

(え~、何か労働は神聖なり、みたいなこと言ってる。夢から遠ざかるんですけど!?)

と困惑しまくりの私。

私の理想に共感してくれたAは若干焦りぎみ。

「かずたかは物販で月々暮らすくらいは稼ぐ力があるから、あえて就職しなくても良いんじゃないですか?」

「ふーん、駄目。」

A撃沈(笑)

 

しかも、物販など他のビジネスは話をきこうともしない。完全に無関心。

もはやネットワークビジネス信者化してる。

そして、帰りの電車で

「工事現場で働いた後にビジネス頑張っている人もいるから。」

とBに提案を却下された途端に、掌を返して私に転職を勧めるA。

お前はそれでいいのか(笑) 
しかも、わざわざ体力的にきつい仕事に転職するわけないだろ。疲れて何も出来なくなるわ。

 

この頃から私の熱は冷めていった。

ネットワークじゃないとか言いながら、友人3人くらい声かけておいてと言われるし、

スーツが嫌だから会社員嫌なところあるのに、ピシッとしたスーツを買えと言ってくる。

おまけに、自由な時間を得る夢を叶えるためビジネスしたいのに、それは甘いと怒られる。

自分絶対無理やんってね。

 

 ネットワークとの決別

 

始める前からやる気を削がれた私は、Aにやらない旨を伝えた。

「マジですか。何でです?」

いや、私の理想は既に伝えてあるのだからわかるやろ。

しかし、話しているうちに何故か再度セミナーに参加することに。
(何故断らない。アホすぎる。)

ちなみに、この会社では5人くらいでチームを組んで、お互いを高めビジネスをする形態をとっていた。

そこで、Aは何故か私がネットワークをしないことをセミナー会場でチームの人々に公言し始めた。

「えー何でやらないの?」

と質問の嵐。

そりゃあ、そうなるわな。ふざけるなよA (笑)

しかも、そのノリで

「何でセーター着てるの?」

と人のセーターを摘まんで伸ばしてくる。

ウザすぎる…そもそも冬にセーター着るのは何もおかしくないと思いますけど!?

そんなこんなで、揉みくちゃにされる私。

やらないって言っているのに

「この後飲みに行こう」

と執拗に勧誘してくる。いや、行かねえだろ。

理由をつけて断ったら

「じゃあ次の土曜日ね。もっと君の話をききたいから。」

勧誘をしたいの間違いだろ。どんだけしつこいんだ、恐ろしいわ!

適当に返事をして何とか逃げ出し、その後は彼らと関わっていない。

 

振り返ってみると、確かにセミナーでのビジネスマインドの話は、普段触れない情報が多く勉強になった。

だが、やはり私にはビジネスモデルが信用できなかったのだ。

10人に紹介すればもう終わりと言っていたが、それならその場にいた多くは既に自由を謳歌しているはずでは?

A○wayと違って無理な勧誘はしないとのことだったが、滅茶苦茶されましたけど!?

あれは強引には入らないということか。

そんな感じで、違法なわけではないし稼いでいる人は稼いでいるのも本当。

でも、私には出来ないって思った。

他社を批判して自社の価値をあげようとする説明の仕方や、スーツ着用での対面営業。

自分の理想からどんどん離れていく。

今の会社で働く方がまだ楽しいとすら感じた。

教わるビジネスがどんなものか期待していただけに失望も大きかった。

 

収益を自動化するビジネスは無いのかな?

と半ば諦めていた所出会ったのがネットビジネスだった。

最初に仕組み作りに注力すれば、あとは自動で毎月収入が入ってくる。

何かネットワークも同じようなこと言ってたしいまいち信用できないなー

ネットワークビジネスとネットビジネスで名前も似ているし(関係ない(笑))

 

しかし、話を聞いてみたり調べてみるとまるで違う。

ネット上でコンテンツ作成して、人々に価値提供した結果、ものや情報が売れて自分の利益になる。

人に喜んでもらうことが出来て、自分も稼ぐことが出来る。

在宅で出来るからスーツを着なくていいし、無理な対面営業もない。

これなら理想の生活を叶えることが出来ると確信した。

まずは、人から信頼してもらえる人間になるために価値提供しなければ!

これが私のネットビジネスとの出会いでした。

―かずたかの物語終幕-

 

 まとめ

いかがでしたか?

ネットワークビジネスとの決別、ネットビジネスとの出会いを、お分かりいただけたかと思います。

私はネットワークを否定している訳ではないのですが、自分には合わない。正直嘘を言っているなと信用できなかったのです。

何をやるかは人それぞれだと思いますが、私はネットビジネスに魅力を感じました。

稼ぐことはもちろん、

人に感謝してもらえることで、自分の人生がより豊かになるなと。

これからも、自分の経験や知識を活かしたコンテンツ作成に励みます!

 

 あなたの人生を変える無料プレゼント配布中

 

あらためまして、こんにちは!

かずたかです。

2019年夏にビジネスと出会い、

物販で2か月目に20万円の利益を達成しました。

 

現在は、さらなる高みを目指すため、

人にこの喜びを知ってもらうため、

 

主にブログやメルマガを用いた情報発信をしています。

 

 

しかし、ビジネスを始めるまでの自分はただの凡人。

それどころか、特技も無ければ才能もなく、

自己否定に陥っているダメ人間でした。

 

就職してからも、

特に目立った能力を発揮することもなく

退屈な毎日を送っていましたが…

 

ビジネスと出会ってから人生が好転!

 

やりたいことのなかった毎日が

やりたいこと・会いたい人で溢れ

日々が輝くようになりました。

 

実績が出せた物販を人に教え、

実際に稼いでもらうことで感謝されるまで成長。

 

「あれ?人に感謝されるのってめっちゃ嬉しいな!」

 

この感覚をもっと感じたい。

多くの人に価値を提供したい。

人に幸せを感じてほしい。

この思いで情報発信を続けています。

 

「自分なんか…」と感じている人ほど知ってほしい。やってほしい。

 

何たって自己否定の塊だった私が

変わることができたんだから!

 

そんな思いを詰めた、メルマガを配信しています。

 

また、期間限定で私の経験を基にした

 

「初心者が失敗しないビジネスマインド」

「0→1を達成する不用品販売術」

「ビジネスを始めて生活を充実させたよレポート」

 

以上3点を無料プレゼントしています。

 

この機会を活用しない手はありません。

忘れないうちに、是非受け取ってください!

↓      ↓      ↓

無料プレゼントの受け取りはこちらからどうぞ

ABOUTこの記事をかいた人

かずたかです。 埼玉県在住の25歳。 現在は国家公務員として働く傍ら、夢をつかむため脱サラ起業を念頭に日々奮闘中! 物品販売2か月目に月20万円の利益を達成。 このブログの理念は「私と皆さんが夢を叶えるため成長すること」 そのために、公務員ならではの堅実な姿勢でコツコツ学んできた、効率よくお金を稼ぐ方法・成功するための思考法について発信します。