【すべての始まり】プロフィールとブログの目的

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

こんにちは!

かずたかです。

 

 

初めに軽く自己紹介をいたします。

 

 

現在、とある省で

国家公務員として働いている

社会人2年目の25歳です。

 

 

何事にも「ゆとりのある生活」を手に入れるため

脱サラ起業を念頭に置いて、

ビジネスについて学んでいます。

 

 

また、神社巡りと着物を趣味としており、

旅行に出かければ1日で20社以上

参拝するくらい活動的です。

 


時には、着物姿で電車に乗って

神社を巡る着物男子でもあります。

 

 

そして、旅行先のゲストハウスで

現地の方や外国からいらした観光客と、

神社の話などで盛り上がることに

無上の喜びを感じます。

 

 

着物を着ていけば初対面の人とでも、

会話のネタに困ることはありません(笑)

 

 

 

ただ、私の日常は極めて平凡。


一般的な行政職の公務員として

パソコンとにらめっこする毎日。


可もなく不可もない日々を送っていました。

 

 

しかし、

「人生こんなもんじゃないはず」

 

 

満たされない毎日を変えるため

一念発起して物品販売のビジネスを開始。

 

 

ビジネスを始めてからの生活を箇条書きで表すと、

 

・物品販売で初月に3万5千円の利益を出す。

・2か月目には20万円の利益を達成。

・月に10冊本を読むようになる。

・行きたいと感じない飲み会に参加しなくなる。

・残業代で稼ぐ思考を離れ、定時で退社するようになる。

・会社の昼休みもビジネスのことを考えるようになる。

・ビジネス仲間と定期的に会って、行動意欲を高める。

 

 

ざっと、このような感じです。

 

 

 

ビジネスを始めたことで、

 


本気で熱中できることがなく

何となく過ごしてきた生活が

ガラリと大きく変わりました。

 

 

小中学校と勉強・運動ともに不得手で


中学1年生時にはいじめられていた自分が、

何のとりえもないと卑下していた自分が

 

変わり始めました。

 

 

お金を稼げて生活に張りが出る


ビジネスとはなんと楽しいのか!!

 

平日も休日も物販漬けになっていきました。

 

 

これを続けてもっと稼げば脱サラしても

生活できると考えました。

 

 

しかし、


物販は働けば働くほど稼げるものの、

働かなければお金が入らない

 

〈労働収入〉でもありました。

 

 

また、簡単にまとめてしまえば

〈仕入れ→販売→発送〉の繰り返し作業です。

 

(職場で働くよりは楽しいけど、体を壊したら収入は0。

 一生続ける訳にはいかないよな…)

 

 

そして、

物販以外の道も模索し出会ったのが、


インターネットビジネスでした。

 

はじめは

(何だか怪しいな…)

と感じていました。

 

 

ネットという響きに

「今すぐ100万円受け取ってください!」

系の迷惑メールを連想してしまったのです。

 

 

ですが、

ネットビジネスの原理を知ってからは、

 

「怪しいなんて言っている場合じゃねえ!これはいける!!」

 

と思い直して勉強を始めるようになりました。

 

 

そこからは、

人生がより楽しくなりました。

 

ネットビジネスの業界は

1度稼げる仕組みを構築してしまえば

 

1週間で1時間しか働かなくても

月に数十万。数百万円が入ってくる世界。

 

実際に、

ほとんど労働せずに月収7桁を超えている方々

ともお会いしました。

 

 

学校の友人や職場の仲間からは

全く話題に出てこなかった

 

新しい世界が

そこには広がっていました。

 

私も、その世界をもっと見てみたい!

もっと自分自身成長したい!

 

この想いで日々、活力を持って

着々と資産を構築しています。

 

 

 

そこで、このブログの主題は

 

私とあなたの成功に至るまでの物語

 

です。

 

 

私は公務員ということもあり

そもそも、

 

「人のためになることがしたい!」

 

という想いが強いのです。

 

 

しかし、現実は厳しく仕事では

手助けしきれない方々がたくさんいます。

 

そして、特定企業との飲み会での接待

などの馴れ合いに天下り。

 

 

 

〈国民のため社会のため〉

 

と言いながら内実が伴っていない

ことも多々あります。

 

 

そんな仕事に

理想と現実のギャップを感じていました。

 

 

 

でも、

ネットビジネスでなら

 

・常にお金の悩みを抱いている

・退屈な日常に飽き飽きしている

 

そんな人々の手助けをできるんじゃないか?

と思っています。

 

 

だからこその、

 

私とあなた〉の成功物語

 

なのです。

 

 

自分が幸せになることはもちろん

お金・時間・人間関係など

現在悩んでいるあなたにも

幸せをつかんで欲しい。

 

そんな理念が詰まった言葉なのです。

 

 

 

 

・お金を稼いで生活を豊かにしたい

・ワクワクする日常を送りたい

・時間に縛られない生き方がしたい

 

などなど、

 

現状維持するのはまっぴらごめん

と考えながらも、

 

何をするべきかわからない

 

と悩んでいる方々に向けて

これから情報発信をしていきます。

 

 


私が物販から始まるビジネスで学んだ知識や経験

ネットビジネスに取り組んだ実感など

ばしばし共有していきます。

 

 

どんどん情報を取り入れて、

実践に活かすことで

私と一緒に成長してきましょう!

 

 

そして、今後ブログを読んでいただくうえで

内容の理解を早め、深めていただくために

私の経歴を簡単にまとめました。

 

 

ぜひ、一度ざっと目を通して

いただきたいと思います。

 

 

 

―――― かずたかの物語 ――――

 

 1.内気で勉強も運動も今一つな小学生時代

 

小学生時代の私はとにかく内気で

自分の意見を言わない子どもでした。

 


外で皆と遊ぶより、家にこもり一人で

レゴブロックと戯れるのを好んでいました。

 

しかも、勉強も運動もパッとせず

授業中は指名を受けないように身をかがめ、

徒競走ではいつもビリかブービー。

 

特に運動神経は壊滅的でした。

 

「何でできねえんだ!」


「下手くそ、動きが遅い!!」

 

団体戦となりがちな球技では

味方から罵声を浴びせられ、

皆から笑われる存在。

 

体育の授業がある日は

朝から憂鬱な気分で過ごし、

前日は恐怖で眠れない時すらありました。

 

 

小・中とどうすれば体育の授業を

サボることができるかに頭を悩ませて

 

嫌なことから逃げ回る生活を送っていた。

 

 

小学生の思い出とか、

 

本気で泣き続けていた

ぐらいしか思い出せないんですよね。

 

体育で周りから罵られる

→とりあえず泣いておく

→泣いたことをからかわれる

→恥ずかしくてまた泣く

 

 

水分枯渇するぞ。

というくらい泣いてばかりの

残念小学生でしたね。

 

トホホ。

 

 2.話しかけても無視される暗黒の中学時代

 

内気な性格を抱えたまま

中学生になった私を迎えたのは、

さらなる恐怖と絶望でした。

 

 

そう、いじめられるようになったのです。

 

といっても暴力のような過激なものではなく

話しかけても無視されるというものでした。

 

 

話をしても反応がなく

性格上、強く非難もできず

さらに自分の殻にこもるようになりました。

 

 

この時期は、勉強・運動・いじめ

3重苦に苦しみ不登校になりかけました。

 

 

ですが、幸い中学2年生に進級してからは

いじめを受けることもなくなり、

勉強にも精を出すようになりました。

 

 

そして、中学3年生時には塾で

猛烈に勉強するようになった結果

 

地元の進学校に入学することができました。

 

 

公務員ということから

想像つくかと思いますが、

 

私はコツコツと堅実な努力を

続けることが得意です。

 

私がオススメするネットビジネスも

速攻で爆発的な成果が出るわけでは

ありませんが、やれば必ず資産になる。

 

その素養が中学時代に身につき始めていたんですね。

 

それまで、全然勉強していなかったのに突然どうした?

という感じですが、

(中1の模試は5教科で偏差値32くらいだった…

 結果に母親はめちゃくちゃ泣いていた。すまん母よ。)

 

 

まあ、人はいつでも変われるということかな と。

 

 

 3.アルバイトで叱られ続ける高校時代

 

高校で勉強は、ある程度

できるようになっていました。

 

相変わらず運動はからっきしでしたが

中学のように中傷してくる輩も減り

平穏な毎日を過ごしていました。

 

 

ただ、高校に入り大きく変わったことは

アルバイトができるようになったことです。

 

 

私も近所のホームセンターで品出し要員として

働くようになりましたが、ここでも苦難にまみえます。

 

 

私は、学校が忙しく休日しかシフトに入れないことと

元来の鈍臭さで、全く仕事を覚えられず常に叱られていました。

 

 

「いつまで同じ作業やっているんだ!」


「缶ジュース1本で雇っている訳じゃないんだぞ!」

 

などなど罵詈雑言の嵐。

 

 

 


しかも、毎回200㎏程度の商品を台車に乗せて

店内を走りまわっていたため、体力もごりごり削られていきました。

 

 

いつしか、バイトの予定が入っている週末が近づくと、

胃が痛くなる日々を送るようになりました。

 

まるでブラック企業で働く社畜のような有り様です。

 

 

 

もちろん、バイト中は精神的肉体的に

きつかったのですが、

もっと悪いことに

 

 仕事=きつくてつらいもの

 


という図式が私の意識に組み込まれました。

 

 

この間違った意識が、

今後仕事をする上で足かせになってしまうのです。

 

 

なんやかんやで高校2年生の秋までアルバイトを続けて、

それ以降は大学受験に向けて猛勉強するようになりました。

(バイトを辞める時も、何辞めようとしてんだ!と怒られた…)

 

 

「勉強も楽しくないけど、バイトよりはまし。」

 

という感覚で仕事に対する恐怖すら抱えたまま、

死に物狂いで勉強しました。

 

 

勉強するためにバイトを辞めると言ってしまったので

偏差値40代から明治大学を目指す羽目になったのです。

 

 

才能がなければやり方もわからないので

ひたすらに参考書と過去問を解いていた。

 

今思えば

「もっと効率良い方法あるんじゃないの?」

という感じですが

 

第一志望の明治大学になんとか合格を果たしました。

 

 

父親は専修大学卒業の分際で

「早稲田に行け」「慶応に行け」

と最後までやかましかった。

 

明治でヒイヒイしていた時期なので

何度呪いをかけようと思ったか分からない。

 

懐かしい思い出です。

 

 

この後語る、

公務員試験浪人時代は

 

〈第一志望大学合格!!〉

 

の栄光をひたすら懐かしみ

 

 

「タイムマシーンがあれば、、」

と毎日唸っていました。

 

アホすぎた。

 

 

 4.怠慢な大学時代

 

 

慣れない勉強に時間を費やした私は

大学に合格したことで完全に燃え尽きました。

 

いわゆる燃え尽き症候群です。

 

大学時代は授業をサボって読書・ゲーム・アニメに興じる毎日。

SAOやラブライブ!に狂喜していた時期ですね。

 

一応、学びとして趣味である

日本史関連の本を読み漁ってはいました。

 

 

しかし、今のように記憶に残る効果的な読書術を

身に着けておらず、ほとんど内容は頭に残らない

暇つぶしとなってしまいました。

 

 

また、当時埼玉県北部に住んでいた私は、

東京の大学に通学するのに片道2時間弱かけていました。

 

 


遠いのに電車の席に座ることもできず、

サラリーマンたちとおしくらまんじゅう

状態の毎日。

 

その影響で、自分より大学の近くに住む友人や

郊外に住宅をかまえた親に、

妬みや恨みの感情を募らせていきました。

 

 

「あいつは学校が近いくせに授業にまったく出席しない。」

 

「馬鹿な親の元に生まれると子どもは苦労する」

 

と、毎日心の中で非生産的な愚痴をいっていました。

 

 

 

今思えば、


「現状を変えるために、何かしたのか?」


と過去の自分を叱責したい気分ですが、、

 

 

 

しかも、完全燃焼から立ち上がっていなかった私は

大学3年生になり友人が就職活動を本格的に始めても

 


「何とかなる、想いは届くはずだ」

 

と根拠のない自信をもち、

大した対策をしませんでした。

 

一応、公務員を目指すことにしたのですが

 

・民間より仕事が楽そう

・民間より就活が楽そう

・安定したのんびりライフ

 

初めは、超消極的な理由で受験しました。

 

 

 

 

 

そして、結果は惨敗。



筆記試験は何とか通過したものの、

面接では緊張のあまり言葉が出ず、

体の震えが止まりませんでした。

 

 

当然のように全ての就職志望先で不採用となり、

就職浪人を決意することになりました。

 

 

まあ、当然の結果なのですが

ここから私は2年間に及ぶ公務員浪人時代

通称〈冬の時代〉を送ることになります。

 

 

 5.夢破れた就職浪人時代

 

 

浪人してからは、流石に行動しなくてはまずいと考え

30万円支払って公務員予備校に通うようになりました。

 

 

決して安くない金額ですが、

大学時代の友人が通って結果を出していたので、

あまり躊躇することなく入学を決めました。

 

私はビジネスにしてもわりと

お金の問題は気にせずに投資することができる性格です。


(考えなしとも言えますが…)

 

しかし、まだ甘えがありました。

 

予備校に入れば自動的に就職も上手くいくと勘違いし

現役生以下の行動しかしなかったのです。

 

 

今思い出しても恥ずかしく、

過去の自分を張り倒したいです。

 

 

何となくこなす面接対策。

 

「一応やったし、大丈夫でしょ。」

 

と臨んだ結果見事に全部不採用。

 

 

「ふざけんな!何落としてんだよ!!」

 

完全なる逆切れ状態。

 

 

 


適切な努力を適切な量こなせていないだけでしたが

それに気づけず、周りに当たり散らしていました。

 

うーん、クズっぷりを極めています。

 

 

しかし、往生際悪く意地をつらぬき

別の予備校に通うことで、就職浪人を続けました。

 

来年就職を決めなかったら、

親に消し炭にされてしまうと本気をだしました。

 

実際に「なんで2年やって落ちるんだ!?」

と父親は激昂状態でしたね。

 

いやあ、恐ろしかった。

 

 


それからというものの、休校日以外は予備校に通い詰め

1日中就職のことを考えて、面接シートの書き方を練習し

暇あれば講師と模擬面接の連続。

 

 

 

その甲斐あって、

第一志望は不採用になってしまいましたが

第二志望の役所に拾ってもらうことができました。

 

 

結末だけ見れば夢はかないませんでしたが、

大学受験以来、久しぶりに本気になって行動し

充実感を覚えました。

 

 

予備校の講師も「入学時とは見違えるくらい力がついたよ」

と評価してくださいました。

(ただのお世辞だったのかもしれませんが…)

 

 

もっとも、合格後はもちろん

試験中もしっかり神社巡りに時間を費やしていました。

 

 

2018年度カレンダー

 

4月は奈良・京都・滋賀

5月は島根・広島

6月は愛知・和歌山

7月は筆記試験

8月は面接試験

9月は愛知・三重

10月は大阪・九州

11月は東北・北海道

12月は四国

3月は九州

 

40県以上を一人旅して

見識を広めていました。

 

 

筆記試験1週間前ですら

合格祈願と称して

熊野(世界遺産)に出かけていました。

 

流石に母親に怒られました。

「また落ちたらどうすんの!?」

もっともなご意見です。。

 

しかし、

その時以外はみっちり対策をとりました。

(旅行先にも過去問題集を持って行った。)

 

 

 

「仕事を始めたら楽しいことなんてない。」

「今遊んでおかねば損する!」

 

と本気で考えて一生分遊び尽くそうと

出かけまくっていました。

 

 

 


 6.希望に満ちた理想と直面した現実の職場

 


入省したばかりの私は

希望する職種で働けることに

期待を膨らませていました。

 

「公務員になったからには

 人のために何かを成し遂げたい!」

 

漠然とはしていますが、

割と本気でこんな理想を持っていました。

 

〈安定だから公務員!!〉

と自分のことだけ考えていた時と比べて

だいぶ成長しました(笑)

 

 

 

しかし、その夢は早々に砕かれました。

 

平日は1日8時間以上職場に拘束され、

やることは決められたデータ入力ばかり。

 

 

休日も月曜日から始まる仕事を考えると、

思い切り羽を伸ばして出かけることもできず

満たされない日々を送っていました。

 

 

 

「何のために毎日同じような作業をしているのだろう…」


「こんなことをやるために自分は就職浪人をしたのか…」

 

 

とはいっても、まだ仕事を始めて1か月。

 

 

在職年数が長くなれば仕事は面白くなり

給料も増えると自分に言い聞かせ、

 

「もっと楽しい生活がしたい」

 

という気持ちを押し殺して、

淡々と仕事をしていました。

 

 

 

しかし、ある日先輩のとある言葉が私を絶望に至らせました。

 

「この先40年同じことが続くんだから、

今仕事を覚えてしまうといいよ。」

 

 

先輩は、私が現在の職場で一生働くことを前提として、

善意で助言してくれたのでしょう。

 

 

ただ、〈現在の仕事が一生続く〉という言葉に

私は衝撃を受け大きな悩みを抱えることになります。

 

 

「楽しめない仕事で一生を終えるのか。」


「人生とはこんなものなのか。」

 

 

しかも、上司を見ている限り収入にも限界があります。

 

仕事量が膨大のため、

夜遅くまで残業しているにも関わらず、

満足いく給与は受けとることが出来ていない。

 

 

つまり、今の職場環境は


・仕事は面白くない。


・時間の自由はない。


・お金に余裕もない。

 

その結果、精神や身体の自由もない。

ないない尽くしです。

 

 

それに追い討ちをかけるように

受信した1通のメール。

 

題名は

【 早期退職者募集について 】

 

内容はその名の通り

「45歳以下の職員で早期退職したいものは総務まで」

というもの。

 

 

金槌でガツンと頭を殴られたような衝撃でした。

 

「退職者募集するということは、中年はいらないってことだよね…」

「公務員は一生安泰じゃなかったのか?」

 

今まで思い浮かべていた

〈安定した公務員〉

が崩れ落ちていきました。

 

 

時間やお金に不満を抱きながら必死に働いても

ある時バサッと切り捨てられてしまうかも知れない。

 

 

どこの何に希望を抱いて仕事をすればいいのか。


しばらく絶望にひたっていました。

 

 

 

 7.物販ビジネスとの出会い

 

 

悶々とした気持ちで毎日を過ごし

数か月が経過した夏のある日、

ふらりと書店に入りました。

 

 

そこで、並んだビジネス書の数々に私の目はくぎ付けにされました。

 

 

「物品販売で年収1000万」


「株・FXで生活を豊かに!」


「不動産で夢の不労所得生活」

などなど。

 

 

 

今まで当然だと思っていた、

会社に雇用され賃金を得る形態とは

大きく異なった稼ぎ方。

 

 

会社員としての働き方に疑問を感じていた

私にとってはまさに、天より垂れし一本の糸。

 

手放すわけにはいかない!と、

いくつか本を買いあさって自宅で読みふけりました。

 

 

そして、気になった本の著者に連絡ををとったところ、

「東京で会って直接お話ししましょう!」

いきなり経営者の方とお会いすることに。

 

 

「経営者ってどんな人なんだろう。ちと怖いな…」

と緊張を感じつつ、実際に東京まで出向きました。

 

 

当然のことながら、見た目は普通の人。

 

しかし、知識経験量は私とは比べ物にならないほど深い。

 

何の話を聞いても「はえ〜」「ほえ〜」

という感想しか出ない(汗)

 

 

 

「自分も将来はこうなりたい!やるなら今しかない!」

 

そこで一念発起して、

ビジネス初心者も利益が出しやすい

〈物品販売〉を始めることを決めました。

 

 

ここからは、導入でお話しした通りです。

 

自分で稼ぐ新感覚を楽しみながら

平日も休日も作業して、

2か月目は20万円の利益を出しました。

 

 

本業の月の手取りと変わらない額を手にして

稼いだ自分に酔いしれていました。

 

国家公務員というと、

基本給25万円くらいだと

思っている人が割と多いのですが、

 

実際は初任給手取りで20万円くらいでしたね。

生活できるけど、多いわけでもないな。

と感じました。

 

 

 

物販は基本的に自宅で全て完結できるので、

 

会社に行く必要はなく、話の合わない上司や

先輩と顔を合わせる必要もありません。

 

 

「在宅で、本業と同じくらい稼げるとは素晴らしい!」

 

舞い上がっていました。

 

 

実際に、20万円稼いだ後は

思いつきで1人旅行に出かけて

 

現地の神社の壮大さに心を奪われ、

美食に舌鼓を打っていました。

 

完全に浮かれています(笑)

 

 

 

そこでも新しい出会いがあり、

楽しめたので無駄とは思っていません。

 

 

ただ、

 

稼いだお金を使って将来に

投資する視点は必要だった

 

と感じています。

 

 

何といっても、物販は〈労働収入〉

 

自分が働かない限り

継続的に収入が入ることはありません。

 

作業の手を止めてしまえば、収入は0。

もちろん、社会保険は無し。

 

有事の際には、一瞬で貧困に落ちてしまう。

 

 

だからこそ、

物販に慣れてきたところで

疑問を感じるようになりました。

 

 

「物販で豊かな人生は手に入るのか?」

 

 

そもそも、物販を勧めてきた本の著者は

お金と時間の自由があるようでしだが

自分で物販はしていなかったのです。

 

 

つまり、お金持ちは労働収入で

自由を得ている訳ではないということ。

 

 

ここで、私は迷走を始めます。

 

「何をやれば、真の自由を手に入れられるのか?」

 

 

 8.インターネットビジネスとの出会い

 

 

私は物販以外の稼ぎ方を探して

様々な人と出会い様々な稼ぎ方を学びました。

 

 

株やFXは投資すべき元本がないので断念。

というか、FXは少しかじりましたが

一晩で30万円くらい損失を出して絶望しました。

 

本業の給与も余裕があるわけで無く

貯蓄も決して多くない自分には無理!

 

精神的にもよろしくない。

あっという間に撤退しました。

 

 

 

ネットワークビジネスは、

実際に関わっている人々の

強烈さに押されて、逃げ帰りました。

 

 

勧誘者はことあるごとに

私を飲みに誘ってくる。

 

そして、

いかに優れたビジネスモデルなのか

どれだけ素晴らしい企業なのかを宣伝する

信者っぷりに嫌気が差したものです。

 

(会いに行く私もバカですが。)

 

 

「やっぱり自分が自由を得られる

 ビジネスなんてないんじゃないか…」

 

 

そんな時に出会ったのが、

情報発信を基本とするネットビジネスでした。

 

 

今まで私が見てきた労働型の収入と異なり

 

・1度〈仕組み〉をつくれば、あとは自動で収益が生まれる。


初期費用が全然かからないので取り組みやすい。


・正しい方法で正しい努力をすれば、必ず成果につながる

 


知れば知るほど魅力的なビジネスでした。

 

何だか詐欺の口上に近くなってきましたね(笑)

 

 

 

しかし、実際に情報発信を学び始めてからは、

未知の情報がポンポン飛び出し、

そのたびに私は目から鱗がぽろぽろ落ちました。

 

 

自動で収益を生む〈仕組み〉を構築して、

今は週に1時間程度のメンテナンスだけで

月収7桁超えている経営者にもお会いしました。

 

 

会社員で年収1000万円超えだと、

社内で地位を確立していたり

若くても毎日終電帰りの超激務だったり

 

とにかくお金はあっても時間がない人が多い印象でした。

 

 

しかし、

ネットビジネスの世界は

稼いでいる人ほど、時間に余裕があったりします。

 

 

・仕組みづくり→人が集まる→お金が集まる

→もっと人が集まる→もっとお金が集まる

 

 

と自分の魅力を高めれば高めるほど

信頼度も知名度も増して

より稼げるようになる。

 

基本的に右肩上がりにしかならない

希望に満ちた世界。

 

 

 

しかも、

必要な道具はパソコン1台。

 

 

必要になるお金は

月に数千円くらい。

 

(他のビジネスは元手が数百万円必要だったりします。

 ラーメン屋は数千円で開店できないですよね?)

 

 

 

必要な技術は

パソコンのキーを叩けるか。

作文用紙を数枚書けるか。

 

この程度なもの。

 

 

「何だ、この世界は。これならいける!」


「この道しかない!」

 

 

この結論に至るまで

時間はかかりませんでした。

 

 

だって、

割が良すぎるもん。

 

 

実際に、

私はMacBookを新調しましたが

サクサク動き、効率よく作業できるので

むしろ買ってよかったわ!という感じ。

普段使いもしていますしね。

 

 

また、

お金を稼ぐのにはお金が必要になるのですが

(メルマガで理由を話しています。)

その投資金額がめちゃ安い。

 

私も月に4000円程度しか支払っていないので

失敗するリスクは全くありません。

 

 

 

その上

スティーブ・ジョブズのように

画期的なアイデアを出して

時代を導く才能は全くいらない。

 

 

決まったことを守って

淡々と続ければ

自らの資産が構築されていく。

 

貯金箱に100円を毎日入れていき

いつの間にか10万円溜まっていた。

そんなイメージですね。

 

 

 

何十人も部下を抱えて

バリバリ仕事をこなす社長さん

 

これが私の抱く

ビジネスの成功者のイメージでした。

 

 

 

でも、

ネットビジネスは

1人で部屋に引きこもってでも

問題なくできてしまう。

 

 

それでいて、

行動していない他の人よりは

確実に知識は身についているので

 

お金に困っている友人に

アドバイスすることもできます。

 

 

「なるほどね。ありがとう!!」

 

 

相手から、この言葉を引き出せたら

思わずガッツポーズ。

 

 

今までなら

「大変だね…」

と共感するしかなかったのが

具体的な解決策を提示できるようになった。

 

 

お金を稼ぐだけじゃない。

 

自分の、そして人の人生を

好転させられるのが

ネットビジネスの力なんだ。

 

 

楽しすぎますね。

 

 

 

ネットビジネスの知識を活かした

かずたかの快進撃が始まります。

 

 

 

 

―――― かずたかの物語おわり ――――

 

 


長文にお付き合いいただき、

ありがとうございました。

 

 

 9.夢と理想を叶えるまで

 

 

ここで、人生を楽しむために

叶えたい夢を整理してみます。

 

・欲しいものを諦めないで済むお金の余裕(まずは月収100万円)

・切磋琢磨できる仲間をつくってお互い高め合う

・時間とお金の自由を得て、日本中の神社を巡る

・語学・科学と興味の赴くまま、新分野を探求する

 

 

とにかくワクワクした生活を送りたい。

いま非日常であることを日常にしたい。

 

これからやりたいことが

まだまだ沢山あるので、

 

「全部20代で叶えるぞ!」

とやる気で燃え上がっています。

 

 

 

そして、夢を叶えるために

取り組んでいる情報発信の理念は

 

 

叶えたい夢を全部叶える

私とあなたの成長物語

 

です。

 

 

とか言いながらも、正直

まず私の幸せを追い求めるのが第一です。

 

 

自分が幸せを感じていないのに

人を幸せにする!なんて

無責任なことは言えませんので。

 

 

しかし、

私は1人で引きこもるのが好きな一方

寂しがり屋な一面もあります。

 

 

だからこそ、

私が自分の望む世界をつくるには

 

一緒に成長してお互い高めあえる

友人でありライバルが欲しい。

 

 

そのため、

今記事を読んでいるあなたに

その一員となっていただき

ともに人生を楽しみ笑い合いたいのです。

 

 

 

そして、

ネットビジネスなら

毎月自動で収入を得ることができ

時間の余裕も一緒に手に入る。

 

 

そうすれば、

肉体的・精神的にもかなり楽になり

自分のやりたいことを求められます。

 

 

初めは、どうしても

「難しそう」「自分なんか」

と悲観的になりがちです。

 

私もそうでした。

 

「まあ、上手くいくかは分からんなぁ」

とダメ元思考で取り組んでいた。

 

 

しかし、

気がつけばブログやメルマガで

自分の意見を発信して

それに反応してくれる人がいる。

 

毎日、楽しみながら

ビジネスの〈仕組み〉を構築

するようになっている。

 

いつの間にか、

 

・公務員だけの満たされない毎日

→情報発信で資産を構築しつつ人の役に立つ

 

満足感を得る人生になっていました。

 

日々楽しみながら、着々と積み上げをして

夢までの距離を縮めています。

 

 

 

そこで、多忙な仕事や気を使う人間関係に

疲れている人にこそ伝えたい。

 

一緒に人生をもっと楽しめるものに変えませんか?

 

この章の冒頭で私の夢を述べましたが

あなたにも叶えたい理想があるはず。

 

「どうせ叶わない…」

と諦めていたことを実現できるとしたら

絶対に人生の幸福度は上がります。

 

 

ビジネスを始めるのに

準備はほとんどいらないですし

 

無能で通ってきた私でも

取り組める程度の難易度です。

 

 

とはいえ、まだ不安はあると思います。

 

 

そこで、このブログやメルマガでは、

私が学んできた知識や経験をどんどん共有しています。

 

 

それらを活用していただければ、

 

・副業で始めるお金の稼ぎ方

・人生を楽しむための思考法

 

を無料で身につけることができます。

 

 

私と一緒に成長して人生を豊かにしましょう!

 

これから、

よろしくお願いします!!

 

 

 あなたの人生を変える無料プレゼント配布中

 

あらためまして、こんにちは!

かずたかです。

2019年夏にビジネスと出会い、

物販で2か月目に20万円の利益を達成しました。

 

現在は、さらなる高みを目指すため、

人にこの喜びを知ってもらうため、

 

主にブログやメルマガを用いた情報発信をしています。

 

 

しかし、ビジネスを始めるまでの自分はただの凡人。

それどころか、特技も無ければ才能もなく、

自己否定に陥っているダメ人間でした。

 

就職してからも、

特に目立った能力を発揮することもなく

退屈な毎日を送っていましたが…

 

ビジネスと出会ってから人生が好転!

 

やりたいことのなかった毎日が

やりたいこと・会いたい人で溢れ

日々が輝くようになりました。

 

実績が出せた物販を人に教え、

実際に稼いでもらうことで感謝されるまで成長。

 

「あれ?人に感謝されるのってめっちゃ嬉しいな!」

 

この感覚をもっと感じたい。

多くの人に価値を提供したい。

人に幸せを感じてほしい。

この思いで情報発信を続けています。

 

「自分なんか…」と感じている人ほど知ってほしい。やってほしい。

 

何たって自己否定の塊だった私が

変わることができたんだから!

 

そんな思いを詰めた、メルマガを配信しています。

 

また、期間限定で私の経験を基にした

 

「初心者が失敗しないビジネスマインド」

「0→1を達成する不用品販売術」

「ビジネスを始めて生活を充実させたよレポート」

 

以上3点を無料プレゼントしています。

 

この機会を活用しない手はありません。

忘れないうちに、是非受け取ってください!

↓      ↓      ↓

無料プレゼントの受け取りはこちらからどうぞ

ABOUTこの記事をかいた人

かずたかです。 埼玉県在住の25歳。 現在は国家公務員として働く傍ら、夢をつかむため脱サラ起業を念頭に日々奮闘中! 物品販売2か月目に月20万円の利益を達成。 このブログの理念は「私と皆さんが夢を叶えるため成長すること」 そのために、公務員ならではの堅実な姿勢でコツコツ学んできた、効率よくお金を稼ぐ方法・成功するための思考法について発信します。